So-net無料ブログ作成
国内旅行 ブログトップ

栃木旅行② 紅葉と茂木と栃木市 [国内旅行]

まず、私が益子の陶器市に行けたのは、うちの運転手が行きたかった場所が近かったからです。
それはここ!
Tochigi10.jpg
ツインリンクもてぎと
Tochigi8.jpg
ホンダのコレクションホール。
アシモも踊ってました。
Tochigi9.jpg
二輪や四輪のグランプリレースが行われる会場をヨーロッパでも沢山見てきました。
(そのお陰で、その近隣の観光ができたのは私にとっては大きい)
が、このもてぎのレース場の設備はさすが日本!と思わせるほど充実してました。
鈴鹿や富士のは私はまだ見てないけど、日本はやっぱり何事も行き届いています。

追加で後書
二輪のヨーロッパのグランプリレースにはほんとに何度も相方のお供で足を運びました。
特にファンではなかったけど、話のネタにでもなるかもとヴァレンティーノ・ロッシ選手と握手も実現しましたが、
私の友人関係で彼を知ってる人はほぼゼロでした==;知ってる人いますか~???
私ももともと興味が無いので忘れてしまいそうな思い出になりつつあります。^^;誰か反応して~。

そして、次に渋滞を覚悟で行ったのは日光いろは坂
Tochigi_2_2.jpg
でも、渋滞も無くあっさりと中禅寺湖へ到着。それもそのはず、紅葉はほぼ終盤に入ってました。
それでも中禅寺湖湖畔だけはきれいでした。
Tochigi_2_1.jpg
華厳の滝を無料の展望台から眺めて
Tochigi_2_3.jpg紅葉、終わってます。
日光東照宮に寄りたいと思ったら、駐車場が満車で駐車場整理のおじさんに行け行けと追い払われ、
あっという間に通り過ぎてしまい、(残念)栃木市へ。

栃木市は蔵の街。
Tochigi_2_6.jpg
市内には張り巡らされた水路があって、情緒ある街並みが楽しめる。
Tochigi_2_4.jpg
ふらりと歩いていたら明治の洋館があり、なんと現役で病院として使われているようです。
Tochigi_2_5.jpg良い感じ~!
ここでスケッチしたくて寄ったのに、帰りの道のりが長いからと散策1時間ほどで帰路に。[もうやだ~(悲しい顔)][もうやだ~(悲しい顔)]

帰り道、高速で事故があり、遠回りして北関東自動車道まわりで帰宅。
途中、野辺山高原で思いがけず、満天の星空に遭遇!(デジカメでは撮影不可)
天の川も見えた!思い出深い旅となりました。

nice!(24)  コメント(8) 

栃木旅行① 益子の陶器市 [国内旅行]

いつか絶対に行こうと決めていた益子の陶器市に行ってきました。
日本には沢山の陶芸の産地があるけど、これから少しずつ回ってみたいな。
でも、最初の陶器市はまず益子に行きたかった。

特に知っている作家がいる訳じゃないけど、
益子は若手の作家の作品が沢山見られると思ってたから。
西洋陶器のカラフルな絵柄や形を見慣れているせいもあるけど、
近所のスーパーで時々やっているような全国陶器祭り~!みたいな器には今は興味が無い。

益子の陶器市会場は広くて全部はとても回りきれなかったけど、平日だったこともあって人出はまばら。
午後の半日で十分見て回ってきました。
沢山写真を撮りたかったけど、作家さんによっては写真はノーということもあるので、
器を買った場所では許可をもらい、それ以外は遠くから風景の一部のように撮ったり、苦労しました^^;

Tochigi5.jpg

何百と並ぶテントの中で、まず最初に気に入ったのが、堀水小夜さんの作品。
Tochigi3.jpg
ちょっといびつなんだけど、軽くて使い勝手がよさそうで、
化粧土の暖かい白の色合いと織部?の緑と茶色で統一された色と可愛いイラスト。
若い女性作家ならではの感性が出ていてどの器を買おうか迷いに迷った。
どれでもいい。使ってみたい、と。
で、買ったのは
Tochigi4.jpgここの定番と思われるカップと楕円のお皿。
つぎのお気に入りはかまぐれの丘の
Tochigi11.jpg
たまむし工房さん。
Tochigi1.jpg
Tochigi2.jpg背中に物が入れられます。
他にも可愛い子達が沢山いました。

平日だったので
Tochigi6.jpg
お客さんを待つ作家さんたちも暇そうに隣同士でお喋りしてました。
客としては一対一になるのでなんとなく見て回るだけのときはバツが悪かったりして。
きっとこの後の土日はすごい人出があったんでしょうね。

夜は宇都宮餃子を食べました。
Tochigi7.jpg
餃子は焼き、水、蒸しと調理法が異なるほかは、漬物とご飯のみのメニュー。
浜松も餃子は有名だけど、どこに行っても餃子は餃子ですね。
我が家としては家の近所のラーメン屋さんの餃子が一番!

次回は、栃木二日目です。

nice!(27)  コメント(14) 
共通テーマ:旅行

紅葉の奥大井へ [国内旅行]

子供の頃から乗ってみたいと思っていたSLに乗ってきました。
実はSLが走っている大井川鉄道の出発点の金谷に親戚があるので、
幼い頃からよくSLを見ていたのですが、身近にあると意外と普通になってしまっていて
興味も無かったようです。

ところが最近、メディアで大井川鉄道が紹介されるのを見る機会が多くなりました。
そこで、現在プー太郎仲間の(死語?)MちゃんとSLに乗って紅葉を見に行くことに。

事前にSLの予約をネットで取り、当日に専用窓口でチケットを買います。
JR金谷駅から乗ることもできますが、次の新金谷駅には駐車場(700円)もあるので、
私たちは新金谷駅からSLに乗ります。

駅ではまずSL弁当を購入。
そして10時8分発のSL(指定席)に乗り込みました。
SL15.jpgSL車内の様子
SLは満席でした。なんといっても大型バスが次々と駅で観光客を降ろして行くのです。

車内はちょっと懐かしい感じ。
たぶんほんの数十年前まで走っていたJR東海道線の古い電車の内装と同じかなと思います。
千頭まで片道2280円。

SL1.jpg
1時間半で千頭に着きました。
この後は井川線アプトラインで奥大井湖上駅へ向かいます。

 

続きを読む


nice!(20)  コメント(9) 
共通テーマ:旅行

白川郷 日帰りの旅 [国内旅行]

ちょっとご無沙汰してました(^^*)/ 
気がついたら前回の更新から1ヶ月経ってました。。。

夏の個展とカレンダーの絵のお仕事が終わり、開放感でだらだらしておりました。
それとともに、今までは日本で個展をやることが目標だったので、
絵に対して今は目標を失ったというか、ただいま次の目標を模索中なのです。
今のままのスタイルで続けるのか、それとも恐れずに変化していくのか、とかね。

絵を長く描き続けていけることも才能のうち。
最初は好奇心から一時的な集中力を発揮することもあるけれど、
本当に絵を描くことが好きでなければ続けていくことは難しいと思うから。
一生描いていきたいって思っているけど、相変わらずのマイペースで頑張ります。

さて、そんな絵心を刺激してくれそうな日本の原風景を見に行ってきました。
朝4時に家を出て、8時頃に白川郷に到着。
早かった為か、街中で楽々駐車できました。
もっと混んでるかな~と思ったんだけど、昼頃になっても意外と普通でした。
たぶんどの季節に行っても楽しめますね、ここ。どの季節が混むのかな?

Shirakawago8.jpg
たぶん展望台からのこの眺めがよく写真になっている場所だと思うんだけど、
私が撮るとなーんか違う気がするのは何故?

Shirakawago2.jpg
独特な造りの家ですね。
豪雪地帯の建物って屋根の形が可愛いなぁ。。。

Shirakawago1.jpg
紅葉もとても綺麗でした。

偶然、山下清展をやっていたので初めて原画を見ました。
本当に日本のゴッホですね。
いつまでも純粋なままで絵が描けるなんてちょっとうらやましい!
Shirakawago3.jpg
原画を見ると、彼のまじめさ、几帳面さに納得。
さらに感動したのはペン画でした。まさに師匠です。
ちょうどBSで山下清の特集を見たばかりだったのでよく分かった。
http://www.bs-j.co.jp/yamashita_kiyoshi/

私も時間をもらって一枚描いてきました。
Shirakawago7.jpg
仕上がったらまた見せますね~。

Shirakawago4.jpg
白川郷の里を流れる水は小川も田んぼも川もとても透明です。

飛騨牛コロッケをいただいてから、白山スーパー林道へ紅葉狩りに。
Shirakawago6.jpg
ちょうど料金所の周辺が見ごろで、高い所はもう枝になってました。

頂上の県境のトンネルを越え、初めての石川県に足を踏み入れてすぐにUターン。
石川県は次のお楽しみ♪

Shirakawago5.jpg
帰りの高速でもずっと紅葉が楽しめました。
また別の季節に、できれば雪景色が見たいなあ。。。


nice!(32)  コメント(18) 

北海道へ! [国内旅行]

ずいぶん前からの母との約束で北海道に行ってきました。
先月開港したばかりの静岡空港から新千歳空港へ!
空港が近いってなんて楽ちんなの~♪
飛び立つ時、空港周辺で離着陸を見る観客の多さにちょっとビックリでしたが、^^;
開港してもう1ヶ月も経つのに、、と思ったけど、連休最終日だから多かったのかな?
空から見る一面のお茶畑はと~ってもキレイでした。(写真が撮れなくて残念)


富良野は満開のラベンダー畑でした!(ピークは過ぎてましたが)

hokkaido1.jpg
北海道は涼しかったです。
羽織るもの持っていって良かった。
naoさん、ありがとう~♪

hokkaido2.jpg
向こうに十勝岳の山並みも見えます。

そして、旭山動物園では動物たちと至近距離でのご対面を果たし、
hokkaido3.jpg

小樽で寿司を食べ、
hokkaido4.jpg

この旅の本当の目的はここでした~!
hokkaido5.jpg
石原裕次郎記念館です。
母がずっと行きたいと言っていた場所。
母の青春時代は石原裕次郎の映画を見ることが何よりも楽しみだったそうです。
感慨深そうに時間を掛けてゆっくり見てました。

私も数年来の約束を果たせてこれで一安心^^。
ただ、母と一緒だと、折角の北海道だけど、一枚もスケッチ出来なかった~

スケッチ旅はやっぱり一人旅でないと難しいかなあ。。。

というか、帰国してから旅らしい旅はこの北海道が初めて!
国内旅行は意外と費用がかかるし。連休は混むし。
でも、空港も近いし、そのうち気楽な一人旅デビューするぞ~!


nice!(35)  コメント(19) 
共通テーマ:旅行
国内旅行 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。